やってみなきゃ分からない。言ってみなきゃ伝わらない。
どんな駄文だって、書かなきゃ伝わらない。
こんな駄文綴るなんて、なんて勇気?
巷ではこれを笑(?)して 蛮勇 という <2013/3/10開始>
おバカな母親
卒業入学のこの時期 
毎年お茶の話題に登場するおバカな母親のこと。

うん十年まえ、彼女がご長男の卒業式に出ていた時のこと
式も終わって、教室でのお別れも終わって、いよいよ最後の解散のあと
家路に着くにはまだまだ名残惜しい。母親たちも三々五々の立ち話 
そんな時、息子さんの前にひとりの女子学生がやって来て、
「〇〇君。学生服の第二ボタンを記念にもらえませんか?」
微笑ましい光景ではありませんか!!しかし
第二ボタンを取ろうとしている息子の前に彼女はあわてて登場して
こう言ったのです。

「△△さん ごめんなさいね。
うちにはこの子の下に弟がいて、学生服はその子におさがりで着せる予定なの。
ボタンは取ってあげられないの。」

美しい告白の場面は何とも気まずい抜け殻となった。

ボタンなんか学校や指定店で後からいくらでも買えるのに、
なんということを言うのか!!
とっさに言ってしまったことを彼女も後から大反省したものの、
ときすでに遅し。

しかも私という恐ろしい友人に話してしまったのですから
こうやって、何年も語り継がれているのです。(*´▽`*)

 ⇒パッチワーク作品展示談話室に戻る
0
    - / comments(0) / -
    Comment